ETCカードの注意点について

渋滞緩和や排ガス軽減、割引などETCカードを利用すると便利でお得な事が多いのですが、ルールを守らないと事故に繋がる恐れがあります。

高速道路を走っている時に注意をしなくてはいけないのは車間距離で、万が一前の車が急ブレーキをかけても対応できるように一定の間隔を開けることが大切で、ETCレーン付近で、通信エラーやカードの挿入し忘れなどでETCのバーが開かない事があるかもしれません。

頭のどこかでETCバーは開くものとインプットされているので、いざバーがあがらなかったら焦って急ブレーキになってしまう事が考えられます。

これは自分にも、前を走っている車にもあり得ることですので、前方の車にぴったりとくっついて走行するのは大変危険ですのでやめましょう。

ETCレーン内は急停車する確率が高い場所と認識し、しっかりと前の車との間隔をあけて、安全な走行を心がけてください。

ETCレーンを通過するには20キロ以下に減速するルールがあり、高速道路でスピードをだしているので、ここまで減速をすると、かえって恐怖心が出る事もありますが、20キロ以下で侵入をすれば万が一の時もバーに突っ込まずに停車できますので必ず守りましょう。

ETCカードの指し忘れただけで、慌てて事故に繋がってしまったという事例がありますので、高速道路を乗る前にはしっかりと確認をすれば防げる事故です。

Comments are closed.